読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6月末の沖縄の服装は?画像で現地の様子を確認しよう

6月末の沖縄。服装はどうする?上着はいらないのか、持っていったほうがいいものはあるのか。画像を使って解説。

6月末の沖縄の服装!現地の画像をもとに解説

6月末の沖縄。

日中は33℃前後まで上がります。


東京で言えば真夏ですね。


でもヒートアイランド現象がないためか

東京の真夏よりは涼しいと感じるかもしれません。

f:id:gatuokinawa:20170109151102j:plain


現地の様子が分かる画像を見て

どんな服装を準備するかイメージしましょう。

 

画像から服装をチェック

 

6月末の沖縄では

ほとんどの人が半袖で過ごしています。


半袖のポロシャツかTシャツの人が

9割ぐらいに感じます。

f:id:gatuokinawa:20170109151126j:plain


ただし、

紫外線対策を忘れてはいけません。


紫外線対策用に

薄手のアウターを羽織っている人も多いです。


飲食店などに入ると

結構冷房が強めにかかっています。


東京などの他の地域よりも

冷房はキツめ。


冷え性の人は上着が手放せません。

 

急な雨に注意

 

6月末の沖縄は、すっかり夏です。

南国リゾート気分が味わえます。

f:id:gatuokinawa:20170109151157j:plain


ただし、天候が急に変わる場合があります。


特に台風が発生しているときは注意。


台風がまだ遠くにあっても

急に雨が降ることがよくあります。

 

日焼け対策は大丈夫?

 

6月末の沖縄旅行。

ありがちなのが、日焼け止めの塗り忘れ。


この時期の沖縄の紫外線量は

8月の東京の1.5倍ぐらいあると言われています。

f:id:gatuokinawa:20170109151223j:plain


軽い日焼け止めぐらいでは、

全く対策できないですよ。


SPF50のもので、

最低限、朝・昼の2回は塗ってください。


季節外れの日焼けで

仕事仲間にからかわれないように

気をつけましょう。


日焼け止めをマメに塗るのが苦手な人は

日焼け対策用のサプリメントが使えます。


紫外線への抵抗力を上げる

栄養素だけを集めたサプリメント


海で泳ぐ人は

日焼け止めが流れ落ちたときの

保険としても役に立ちますよ。


詳細については

下記リンク先をご覧ください。
↓↓↓↓

6月末の沖縄の紫外線量がヤバイ!

6月末の沖縄。

日中はもう夏の雰囲気です。


そして、紫外線量も半端ではありません。


6月末の沖縄の紫外線量は、

東京と比べると8月の1.5倍ぐらいに相当します。


東京の夏の感覚では甘い!

油断してると、あっという間に日焼け地獄です。


たった1時間の外出でも

肌が赤くなるぐらい。

f:id:gatuokinawa:20170109151018j:plain

肌が弱い人は

長袖シャツを着たほうがいいかもしれません。


日焼け止めは必須。


日焼け止めが苦手な人は、

次の記事で紹介するサプリメントもありです。

6月末の沖縄の平均気温は?東京だと何月ごろに近いか

6月末の沖縄の平均気温は以下の通りです。


平均気温:28℃前後

最高気温:33℃前後

最低気温:22℃前後

 

平均気温だけを見ると、

東京で言えば8月ぐらい。


とても暑いですね。

上着はいらなそう…


でも、ちょっと待って!

沖縄に行くなら、薄手の上着は絶対必要です!


というのも、

飲食店などの冷房がとても強いんです。


冷え性の人は、

半袖だと屋内で寒い思いをします。


薄手で良いので

長袖のアウターは常に持っておきましょう。